2016年5月14日土曜日

MAC golang インストールとGOPATH設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


MAC golang インストールとGOPATH設定

仕事でGOを使って、クライアントにWebsocketでメッセージをPushするサービスを開発しています。

GOのmacへのインストールとGOPATHの設定をメモします

install

$ brew install go

インストール先が/usr/local/goとなるはずです。

GO workspace作成

GOのworkspace(どこでもいい)を作成して、GOのソースコードとパッケージ、実行可能なバイナリファイルを格納します。
一般的に以下のように配置します。
例:…work/

.../gowork/src
.../gowork/pkg
.../gowork/bin

GOPATH設定

GO workspaceを決めたので、GOPATHを設定します。workspaceのbinとGoのインストール先binも合わせて追加しておきます。

$ mkdir $HOME/c-ye/gowork
$ vi ~/.bash_profile

export GOPATH=$HOME/c-ye/gowork
PATH=$PATH:$GOPATH/bin:/usr/local/go/bin

これで$HOME/c-ye/goworkの下にプロジェクトごとにソースを配置します。

また、godepをインストールした場合は

$ go get github.com/tools/godep

$HOME/c-ye/goworkのフォルダ中身が以下のようになる。

bin
    godep  #実行可能
pkg
    darwin_amd64
        github.com/tools/godep/
src
    github.com/tools/godep/
        diff.go
        go.go
        main.go
        ......
    testGO/      #自分のプロジェクト
        main.go 

とりあえずこんな感じです。詳しいはこちらを
https://golang.org/doc/code.html#Overview

この記事がお役にたちましたらシェアをお願いします:)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿